あなたでいてくれて嬉しい

12/31
私「もう自殺未遂死ぬほどやったけど死ねへんから来年からせえへん!心配かけてごめんな!」

1/4
私「死ぬしかない」
→自殺未遂、緊急入院

などとかました私ですが、厄介なことに元気です。

ていうか私の自殺未遂情緒がない

①酒で睡眠薬OD→(次の日爽やかに目覚める)
②ダムまで車で行くけどチキって帰る
③②の反省をもとにして三キロ離れたダムに
なぜか下着で12月に(?!) 走って向かうが
引きこもりメンヘラ、中間あたりで挫折、
徒歩で帰る(風邪もひかない)
④車で電信柱に突っ込む(ムチウチにすらならない)
⑤タオルで首吊りするがケツ強打して終わる
⑥体育会系精神で息を止めるが、
気絶して三分で目がさめる(もちろん元気)
⑦両手両足をガムテで縛って池に飛び込むが
鯉がキモすぎて帰る(風邪もひかない)

閉鎖病棟にいたりしてですね
まあ色々考えたんですけど

障害や病名は私の一部でしかない

私は鬱でADHDASDでDCDでパニック障害毒親
ヤニカスです。(最後関係ない)(タバコはやめときなよ)
ありとあらゆる本を読んで論文も読んだけど
結局まだまだわかってないことの方が多いんですよね。
だから、
お薬をもらったり
周りに説明したり(これは結構絶望的)
国から支援をもらえるツールとしては使いますが

苦手なことなんかちっさい頃からわかってたわ!!!!!
今更なんやねん!!!!
ライフハックが!!続かない!!鬱だから!!!

となり、

障害とか気にする前の自分ってどんなんだったかなあ、と
今は思い出す作業をしています。

それを思えたのは、

病気・障害を持っている周りの人がとても素敵

だからだなあ、と思うのです。
毎日TLを見ていたらみんなとても大変そうだけど、
みんなおなじ障害似た境遇でも

好みも違う
性格も違う
もがき方も違う
優しさの方法も違う

とても魅力的な人々なのです。

だから、障害や性別を超えて
あなたたちはとっても素敵
出会えて嬉しいってことを言いたいんです
みなさん、どうかご自愛ください

本音を言わせてもらうと
たまに、弱みや優しさに付け込む人や
精神疾患を持ってる人のツイキャス
無料スナックのようにジャックしたり
地域の相談科のように駆け込んでくる人もいます
もちろん、お互いに助け合えるツールではありますが
性的であったり上から目線でしかコメントしない方がいたりして(立派な人権侵害です)悲しくなるときもあります

再三言います、ご自愛なさってください

どれだけ向かい風が強くても
あなたたちの素晴らしさは
言葉に尽くせないよ
いつもありがとう

幸福のしっぽ

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

人様のキャスで元旦に「クソボケ」と二回叫び
治安が悪いことで有名なキャスで
おんついしたのに閲覧一名様しか来ず
しかもずっと無言でいてくださるので
延々みかんの魅力について30分語った毛布です

他力本願寺について

昨年は一ヶ月に二回未遂する始末で
ご心配と迷惑をおかけしました
深くお詫び申し上げると共に
支えてくださった皆様に深く感謝です

そんなこともありますが
つい廃の私ですが
皆様の好きなツイートは毎日数え切れませんが
未来につながる心に残るツイートは一週間に3回ほど
いかにも商業的なブログやツイッターより

情報は本から得たり、自分の文化的生活をして
自我を持って幸福のしっぽを見つけられたらいいなあ
と思っている今日この頃です

人に頼る

でも、自分をまず満たす

皆様本当にとても素敵です
数字なんかで測れない魅力的な方々に会えてとても幸せ
時々頼らせてしまうかもしれないですがよろしくお願いします
皆様のこと愛してます

良いお年を!

それでも、わたしたちは

久しぶりにブログを書きました。

無事最高潮の鬱期に入り、
化粧もできない、
玄関までもいけない、
仕事には遅刻しまくり、

あー鬱だなあ。って感じです。
なんにもできないというよりは
脳になんにもない。

今まで、「〜したい」が消えていくのは甘んじて受け入れていましたが
レクサプロの副作用の焦燥感でなんとか残っていた
「〜しなきゃ」 すらできなくなってきた。

「わたし」が消えていくのを感じます。


ところで今日書きたいことは

励ますこと

について。

弱っている人を励ますことによって、自己有用感を取り戻そうとしたり、「わたし」を思い出そうとする、
大切なことだと思います。

ただ私はもう「わたし」という原型もなくなって不快な表現かもしれませんが腐乱死体になってドロドロ鬱が流れていくだけの状態なので

「励まし」に応えられない時があります。

それによって、励ました側の人生を酷く悪い方向に向かわせたり、励ました側の人の誇りに傷をつけてしまったり、
散々なことをしてしまっています。

深くお詫び申し上げます。

しかしながら、「いつも見守ってくれている人」の励ましが、昨日深夜死のうとしていたわたしを
救ってくれました。
いろんな方から、いろんな言葉で。

でも、

「いつも見守ってくれている親密な人」が「本気で励ます」とき、「エネルギーをとても使う」

ということも学びました。
ああ、どうしたら恩返しができるのか。
恩返しができるまでは、死ねません。

わたしたちは、医者でもなければ、カウンセラーでもない、大金持ちでもありません。

わたしたちは無力で、一言で誰かを救うことはできません。

とても歯がゆい。

それでも、わたしたちは
普段からツイッターというツールを使って
その人の苦しみの断片を見ている
だから励ましあって

どうか誰も死なずに生きていけたら

そう思います。

今でも悔やまれますが、励ましていただいたのに、恩を仇で売るような行為をしていて、本当に申し訳ありません。
再三お詫び申し上げます。

お詫び申し上げるとともに、

励ましてくださった方々への感謝

頭を下げても下げきれない
いいねで見守ってくださった方、すぐにラインまでくださった方(次はもうないようにします!自分のエネルギーを大事にしてください…)リプ、DMくださった方

ありがとうございました。

この寒さに加え年末繁忙期
メンタルが絶賛ヘラる時期ですが
皆様のご健勝を心よりお祈りしております。

「ホメ療法」と天邪鬼

台風一過。みなさんどうでしたでしょうか。
私は豪雨の中甘いもの食べたい欲に負け、600円のビニ傘を犠牲に100円のチョコを買いに行ってしまいました。満足です。

よくツイッターで「#ホメ療法」が回ってきて
私もだいぶ感化されまして
ちょっとしたことでもできたら
「私めっちゃえらくね?」って思ったりするようになったんですが

私、プライド高い上にひねくれ者でひねくれ者で。

何こんなことで喜んでんの?

当たり前のこともできない病人が

こんなことで…つくづく底辺かよ

ってもう一人の私がもう反論するんですね。
困ったもんです。

薬が効いて、最近家事にだだハマりしてる私なのですが
いざキッチンに立って何かしようとすると、母に

「なんでこんなこともできひんの?数学より簡単やろ…」
(私はうっかり持ち前の言語性優位と過集中で父母より高い学歴になってしまったのです)
「なんで先に棚に食器しまってから洗い物せんの?
そんなこともわからんのか」

と言われてしまったりしていました。
母に、一から頑張りたい旨と、私の苦手な部分を一年ほどかけて説得し説明し
今となっては母はキッチンに私を立たせてくれますし
洗濯物も任せてくれますが

ある日、シチューを作った時に、私が
「居候やけどさ、生活のいろんなことができて、ちょっと安心するわ」
と言ったら、父が
「お前いま気楽やけどこれから嫁入りしたらお前が家事を支えんねんぞ、自覚しろよ、ちゃんとせえよ」

ちなみに父は昭和の男なので家事をしているところをほぼ見たことがありません。

でも私は父のことが好きです。私より特性が強いので多動ブイブイですが、人生楽しそうに生きて、私のことを愛してくれているのも分かっています。

つまり、父の言ったことは叱咤激励なのです。
決してプレッシャーをかけようとしたわけではありません。
むしろ幸せな未来へのエールなのです。

よくテレビのドキュメンタリーでも

前だけを見て

更に上を目指して

という言葉が目立つ気がします。

そんな時代だからこそ、ホメ療法が大事なんだな、と私はやっと心から思えました。
父に、「せやなあ、ぼちぼちできること増えたし、がんばる」と言えました。

現状できてることも認める

これって、人生を一休み中の人も、ゆっくりゆっくり這ってる人も、歩いてる人も、全力疾走してる人も、
共通して、

してもいいこと

なのかもしれない、と思いました。

ホメ療法と天邪鬼…というか、焦り型の鬱との矛盾に苦しんでいた私は、とりあえず、今のところは
これで折り合いをつけようと思います。


今日も眉毛書いてえらいぜ、イェイ。

ハラスメンターから逃げられない

未遂キメたわりに毎日秋をエンジョイしてるおばはんです。
メチャクチャうまいシチュー作れるようになった。ちょっこれはやばい。これから我が家のシチューは私が作ります。

ツイッター

「好きな人との別れは、その本人との別れと同時に、その人と一緒にいた自分、その人に愛されていた自分という愛しい自分自身との決別になるのです。自己との別れだからこそ人はあんなに苦しむのです」

という文を見つけまして
(元ツイはこちらhttps://twitter.com/plasterstar999/status/1045640957465489409?s=21です、掲載許可をいただきました)

私、鬱になった一番の理由がパワハラなんですが
上司のことはいまだに嫌いになれないの、これが理由なんだろうな、と思ったのです。(間違っても恋愛感情は抱いていませんが)

上司に毎日怒鳴られる=気にかけられている

ことではありますので、もう関係が狂っているのはわかっているのに、認めようと頑張ります。
ハラスメント上司に悪気はありませんし(もう時代の違いです)、飴と鞭も使ってきますからなおさら。

その環境で認められようと頑張っていた自分
社会人一年目で、上司の後ろにある「社会」から認められようとしていた自分

との別離だから、辞める時あんなに辛かったんですね。

でも、ハラスメンターに「認めてもらう」のはとてもレアな道のりです。
自己愛強めで起業をしている知人に聞いて見たところ
人に高圧的に説教し、自分流を叩き込もうとする人は

結局の所、自分のコピーを作り

それを周りに自慢したい

らしいです(本人は自覚がありました)

ですので、

ハラスメンターを満足させるのは無理

だということは割り切ったほうがいいと思います。

代わりに、

頑張っている自分
社会に立ち向かっている自分

を、わかってくれる人が周りに…いたらいいなァ〜

私はいませんでしたので。一人暮らしで僻地で働いてましたし、新人が私1人だったのでね。

というわけで、心のフォーカスをハラスメンターから
自分自身の頑張りに移したほうがいいのでは、という
ことが言いたかったんです。本当に文章が下手だな。

みなさま台風にお気をつけて…

希死念慮と死にたいの違いと双方の危険性

薬が無事手に入りまして

あ〜秋ですなあ
秋ネイルが可愛いですなあ
コ〜ヒ〜がしみじみと…おいしい…
人生色づいてるぅ〜
とプチ躁になってたら

ガツーン!と鬱が来まして

踏切が、踏切がですね目の前にありまして

飛び込まなきゃ

頭の中が一択でした。

そのとき、すかさず
「遮断機の外に出て、通過を待ってください」
とリプしてくださった方がいらっしゃいました。

具体的な指示ですね。

どんなに心配してくれた人たちのメッセージを見てもどうでもよくなってしまっていた私が
その一言で我に帰り、実行し
お陰で私は生きています。

あくまで私の場合ですが

希死念慮

…死ぬしか頭にない。二徹の後の睡眠欲みたいなもん。

死にたい

…ぼんやりと死にたい。車で跳ねられて即死できたらベスト。死にたい理由五億個ぐらいある。計画もいろいろ立ててるしなんならすぐできるやつも二、三個持ってる。
(止めてもらったら緩和する場合がある)

もちろんこの2つはどちらも危険です。

どっちがかまってちゃんとかそういうことじゃありません。

ただ、割合の問題だと思っていて
希死念慮100% 死にたい0%
→具体的な指示(ハサミを探してください、縄をハサミで切ってください、車から出て5分待ってください、遮断機の前で電車が通過するのを待ってください、など)

希死念慮90% 死にたい10%
→具体的な指示

希死念慮80% 死にたい20%
→具体的な指示

希死念慮70% 死にたい30%
→具体的な指示or心への声かけ

未遂をとどまった場合ここまで正気に戻ります

希死念慮60% 死にたい40%
→具体的な指示or声かけorそっとしておく

死にたい50%
希死念慮は衝動なのでこっから死にたいに移ります
→声かけorそっとしておく

死にたい40%以下〜
→基本そっとして見守る、たまに声かけ

「死にたい」の人に具体的な行動のアドバイスを連発するのは結構リスクがあります(本人から求められたら別)

鬱の人は脳は多動なので出来うる限りの行動はリストアップして、体がついていかないことに悩んでいる場合が多いので。
触らぬ鬱に祟りなし。

上記のようなパーセンテージ、どうやって見分けんねん、というと、もう周りの人の「こいつ死ぬ」というカンに頼るしかありません。

ちなみに死にたいとき親に電話して電話が通じなくて
きさらぎ駅的に死の世界に私はもう誘われてるんだと思っていた親はですね

今日買ったばかりのジャージのお尻をプーさん破りし
返品するか縫うか迷っていて私からの電話を取るどころではなかったそうです。

頼むから返品はやめてぇ〜やだぁ〜店員さんに母の臀部チラッと見られるの無理〜〜キツい〜〜〜

リアルの友達との会話

私を遊びに誘ってくれる奇特な方々がまだちらほら、いるのですが

自分の話が話せない

のが、つらい。
みんな、自分のことを話すのが上手です。
友達のこと、仕事のこと、会社のこと。

何より、自分の失敗や自分の考えや自分の夢を友達に発信する勇気があります。

かっこいい。

批判(によって共感を集め、世の中を良くしようとしているのもわかりますし、その効果の恩恵にもあずかっています)がどうしても多くなる受信ツールや、無責任発信(私は完全にこの位置です)だけのネットとは違う。

いやネットは悪くないの。ネットなかったらこのご時世回らないの。
もう鬱になって、しょうもないプライドから、自分のこと全然話せない私とは違う。

なんで自分に話振られたら心停止AEDもってこい!みたいになるのか?

説明が難しい

鬱症状って、なまじみんなが経験しているからこそ、
どう違うのか、が説明できない。

暗くなる

当然、暗くなる。みんなが耳を傾けてくれればくれるほど、場を暗くしてる私が申し訳なくなる。

どこまでカミングアウトすべきか

鬱はまだほとんどの人に言ってますが、発達はカミングアウトしていません。この二つは切っても切り離せないので、なんでそんな自己肯定感低いの?とか自信持てないの?って言われたら完全に発達特性が原因なんですけど、それをいうべきか。

豆腐メンタルだから否定されたくない

今の私は全身地雷源です。人生の前進を促されると焦りボタンスイッチが入って心停止します。友達がさらに腫れ物に触るようになったら…と思ったら申し訳無さすぎてゾッとする。

誘いにくくなりそう

こんなメンヘラ誘いたくないわ、は当然として
鬱症状って、体力的にしんどい、とかもあるから
しんどいやろし誘わんとこか、となられると、自分から誘ったらますます重いので、これも怖い。

嘘をついたらついたで…

前も書きましたが、以上の理由から
病気を心配してもらえると、マシになったよ!と言ってしまいます。それはそれで罪悪感と、裏切ってる感、口だけ感。

これらのことが全部ごっちゃ〜ぐるぐる〜スパーク!!します、最近どう?と聞かれると…

でも自分に余裕がないだけで、

みんな言いにくい秘密があるのかもしれない。

他にも、自分の話より人の話を聞きたい人がいるのかもしれない。

腹を割って話せない友達なんて友達じゃない、という意見もわかりますが、
私は、時々ご飯に行く友達と縁は切りたくない派です。
あんときやばかったよね、って笑いたいし、ごめんねありがとうって、恩返ししていきたいんですよね。

なんぼネット社会でも、定期的に会うのをサボっていると

どんどん距離が遠くなって行くのは実感しているので、

会ったり、ラインしたりする友達とは、こちらからは縁切りたくない。

ただ、どう接したらいいか、本当にわからなくって、
「元気そうだったのに」のまま
死ぬのがいちばん手っ取り早く思えてしまうんですね。

ア〜っ薬だ!あと4日?がんばったら薬が手に入る!
とりあえず、シルバーウィーク会ってくれたリアルの人には、スペシャルサンクスという気持ちです。

いい人すぎる罪で
全員私に焼肉奢られる刑に処します。
食べ放題強制ね。えずくまで食わせる。